低用量ピルと言えば、女性が自分の意志でできる避妊方法として日本でも普及しつつあります。
低用量ピルの中でも特に知名度が高いのが、トリキュラーという商品でしょう。
トリキュラーは世界中で利用されているほど効果と安全性に信頼の置ける薬で、正しく使用すればほぼ確実と言っても良い避妊効果を得ることができます。
トリキュラーを試してみたいと考えている女性も多いので、効果作用やタイプの違い、入手方法などについて知っておきましょう。

トリキュラーの効果作用

疑問を持つ女性 トリキュラーはシートに入っている錠剤を毎日1錠ずつ服用することで、高い避妊効果を得ることが出来る薬です。
低用量ピルの中でも特に人気が高く、処方している病院も多いです。
トリキュラーにはレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールという2つの成分が主に配合されており、これらが女性の体内のホルモンバランスに作用することで効果を発揮します。

女性の身体には、もともと卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが存在しており、生理周期の中でそれぞれが分泌量を変化させることで妊娠の準備が進みます。
ここでトリキュラーを服用すると、2つの成分が強制的に体内のホルモンバランスをコントロールし、妊娠した状態に近づけることが可能です。

ホルモンバランスが妊娠した状態になると、身体はそれ以上の妊娠を防ぐために排卵をストップさせます。
妊娠は精子と卵子が受精しなければ成立しないので、そもそも排卵が起きなければ妊娠の心配もありません。

さらに、トリキュラーは子宮内膜が厚く育つのを防ぐ効果も持っており、万が一排卵が起きて受精してしまっても、着床するのを防ぐこともできます。
受精卵ができても着床しなければ妊娠しないので、この作用でも避妊効果を得ることが可能です。
この他にも、子宮頚管から分泌される粘液の性質を変化させ、粘り気の強い状態にすることもできます。
こうすることで精子が子宮内に進みにくくなり、受精する確率を下げる効果もあります。

このような様々な効果が互いに相乗効果を発揮し、高い避妊効果を得られるというのがトリキュラーの主な特徴です。
正しい飲み方を守れば、ほぼ100%妊娠を防ぐことができるでしょう。
ごく僅かですが避妊失敗の可能性も示唆されていますが、これは飲み忘れなど正しい飲み方を守らなかったことで効果が得られなかったことが原因であり、成分や効果そのものに問題があるわけではありません。
しっかり服用すれば避妊は可能なので、安心して試してみてください。

正しく使用することが何より重要となるので、初めて利用する人などは必ず医師の指導を受けて試すようにしましょう。
病院では不安な点などを医師に相談することもできますし、定期的に身体への影響を心配して検査なども行ってくれるので、長期間服用する場合は病院で診てもらった方が安心です。

トリキュラー錠21と28について

女性の医師ひと口にトリキュラーとは言っても、実際にはトリキュラー錠21と28という2つのタイプが流通しています。
どちらも同じ成分でトリキュラーであることには違いはないのですが、名前の通りシートに封入されている錠剤の数が異なります。

いずれのタイプも1ヶ月分として利用するのは同じですが、21錠タイプは生理開始から服用を始めると21日目で服用は終了です。
28錠タイプは21日目以降も服用を続け、だいたい28錠を飲みきる頃に生理がやって来ます。
どちらも実際に成分が配合されているのは21錠目までで、それ以降の7錠は何の成分も入っていないただの偽薬です。
本来なら服用してもしなくても身体には影響ないのですが、偽薬が用意されているのには理由があります。

トリキュラーのような低用量ピルは、毎日服用しなければ確実に近い避妊効果を得ることができません。
女性の身体は約1ヶ月かけて少しずつホルモンバランスを変化させていくので、それに合わせて成分を摂取しないと効果が得られないためです。
1日でも飲み忘れてしまえば避妊効果が確実ではなくなるので、絶対に飲み忘れるわけにはいきません。

トリキュラー28の偽薬とは

そこで役立つのが、トリキュラー28錠タイプに入っている偽薬です。
とにかく毎日薬を服用するという習慣を続けることで、飲み忘れを防ごうというわけです。
21錠タイプでももちろん効果は得られるのですが、服用を休んでいる期間が長いほど、生理が来た日に錠剤の服用を再開することを忘れがちになります。
すぐに思い出して服用出来れば良いのですが、うっかりそのまま飲み忘れていると、妊娠のリスクが高まってしまいます。

何事でも同じですが、習慣は毎日続けていないと意味がありません。
飲み忘れれば取り返しのつかない事態もあり得るので、それを防ぐために28錠タイプには7錠の偽薬が用意されています。
絶対に生理が来た日から飲み忘れない自信がある人は21錠タイプでも構いませんが、そうでない場合は28錠タイプにしておいた方が安心です。
どちらを選んでも価格にはほとんど違いがないので、節約目的で21錠タイプを選ぶメリットはありません。
節約より確実な避妊の方がずっと大切なので、トリキュラーに慣れていない人などは28錠タイプから試すことをお勧めします。

トリキュラーは通販・個人輸入で手に入れる

通販 トリキュラーは基本的には病院で処方してもらいますが、病院へわざわざ行く時間がない人、費用を節約したい人などには通販がお勧めです。
専用の通販サイトを利用すれば、海外で販売されているトリキュラーを個人輸入という形で購入することができます。
医薬品の個人輸入は、個人利用の範囲内なら法に違反することもないので、安心して利用してください。

インターネットなら24時間いつでも自由に通販でトリキュラーを買うことができますし、面倒な診察を受ける必要もありません。
もちろん診察料もかからず、価格も非常に安いので費用を大幅に節約することができます。
病院でトリキュラーを処方してもらうと、1シートあたり約3,000円近くするのが相場です。
これに検査費用や診察料などがかかってくるので、毎月のことと考えるとかなりの出費になります。
この点、通販なら驚くことに1ヶ月分が1,000円程度で販売されていることが多く、長期間服用することを考えれば非常にお得です。

さらに、トリキュラーは体質に合っているか、異常は無いかなどを細かにチェックして処方する必要があるため、病院では1ヶ月分から2ヶ月分ほどしか購入することができません。
その都度また診察を受けて高いお金を支払わなければならず、費用も時間も非常にもったいないです。
通販なら最大で12ヶ月分まとめて注文することもでき、まとめ買いをすればするほど価格も割り引かれています。
12ヶ月分の購入だと、1ヶ月分当たり約500円程度で注文できる通販サイトもあるほどです。

個人輸入の注意点について

このように個人輸入には様々なメリットがありますが、それだけに粗悪品を扱う悪質なサイトも紛れているため注意しなければなりません。
トリキュラーの粗悪品を購入してしまうと、避妊効果が得られず妊娠してしまう可能性もあるので非常に危険です。

このため、必ず信頼できる実績や法人が運営している通販サイトを利用し、正規品を購入できるよう対策を行いましょう。
利用者の口コミや過去のトラブルの有無などを確認したり、成分鑑定書が公開されているサイトを選ぶなどすると正規品を入手できる可能性が高まります。
できれば10年以上運営されていて実績が豊富なサイトや、日本に本社のある法人を選ぶとなお安心です。
安さに釣られて悪質なサイトを利用してしまうと、取り返しがつかなくなるので注意してください。